新年賀詞交歓会開催される

 
 平成16年1月9日(金)新年賀詞交歓会が昨年と同様、ホテル阪急インターナショナル4階「紫苑」で開催されました。蔵口康裕総務部長の開会の辞に続き、近畿会西田隆行会長の挨拶が行われました。西田会長は、近畿会は中小企業の活性化支援を積極的に展開していること、公認会計士法が改正され会計士業界も自己責任の時代に入ったことを話されました。
 その後、祝辞を財務省近畿財務局長大村雅基氏、日本公認会計士協会副会長小澤勲氏が述べられました。来賓紹介・挨拶、祝電披露の後、独立行政法人造幣局理事長西原篤夫氏が乾杯の音頭をとられ歓談へと移行しました。来賓挨拶では会計士法改正の件について述べられた方が多かったように思われました。
 例年ですとアトラクションとして宝塚歌劇団の歌と踊りが行われたのですが、今回は津軽三味線、バイオリン,キーボード等を使った「参羽奏」の演奏が行われました。参羽奏はCDも発売しているグループですが、力が入ったのか、音が大きすぎて会場にいた人たちには少し不評でした。
 最後に近畿会山田拓幸副会長が閉会の辞を述べられ、つつがなく終了しました。      

(会報部長 市田 龍)