ビアパーティーで暑気払い

 
    「乾杯 乾杯」の唱和と「ガチャ ガチャ」とジョッキを打ち合わせる音が各テーブルから聞こえてくる。テーブルの上には、ロース・バラ・カルビ・豚肉・鶏肉、イカ・ホタテの海鮮、ピーマン・モヤシ・タマネギの野菜など、バーベキューの食材が所狭しに並べられている。ジュージューとこれらの食材を鉄板で焼き始める。白い煙と芳しい匂いが立ち込め、自然と食欲がそそられる。談笑しながら、こんがりと焼けた肉を口にほお張り、ジョッキを傾ける。瞬く間に、ジョッキが空になり、ピッチャーからビールを注ぐ。そのピッチャーも暫くすると空になり、空のピッチャーを提げておかわりのビールを求めて席を立ち、ピッチャーをビールで一杯にして戻ってきてまた飲み始める。
 近畿会恒例のビアパーティーの光景である。8月24日に大阪駅前・新阪急ビル屋上ビアガーデン「野宴」で開催され、100枚のチケットもほぼ完売である。「野宴」では飲み放題・食べ放題で3,150円のところ、近畿会のチケット代は1,000円ポッキリの大変リーズナブルな価格設定で好評である。前日からの雨で天候が心配されたが、当日はどんよりした曇空の蒸し暑い夜で無事開催することが出来た。これも、参加者の皆様の日頃の精進の賜物と感謝・感謝。
   「野宴」は大型スクリーンにプロ野球中継を放映し、観戦しながらビールを飲むということが売りであり、当日も「阪神―横浜」の中継が放映されていたが、今年の阪神は精彩に欠けるためか、参加者の皆様はプロ野球観戦よりも飲み食いの方で盛り上っていたようである。午後6時30分に始まったビアパーティーも午後8時30分にお開きとなったが、参加者の皆様方は充分に飲んで食べて夏バテ解消・暑気払いになったようである。

(文責:厚生部 岡本 善英)