連載 監査法人紹介N

監査法人アイ・ピー・オー  

 

Q1 貴監査法人の名称の由来をお教えください。

株式公開をめざす中堅企業を主たる被監査会社とした法人運営を理念にかかげ、Initial Pubic Offcringの頭文字をとって、アイ・ピー・オーと名付けました。
Q2 貴監査法人の特色をひとことでいうと?

当法人は金融機関監査、学校法人監査、労働組合監査、その他任意監査を中心とした業務を行っております。規模は小さいですが個々の幅広い知識と豊かな経験を武器に深度のある監査、適切な助言を行っているつもりであります。中小法人としての特徴を活かしたきめ細かい対応には自信があります。
Q3 貴監査法人の代表者はどんな方ですか?

当法人の代表者はそれぞれ個人事務所を有し、各方面で活躍しております。それぞれ個性的で得意分野も違うため普段は意見の食い違いがあるのも事実ですが、クライアントを思う気持ち、仕事に対する熱い思いは皆同じであり、最後には一致団結して、仕事に取り組んでおります。
Q4 貴監査法人では仕事以外でのスタッフのコミュニケーションを実施していますか?

事務職員も含めて定期的に飲み会を開催し、お互いに親睦を深めております。また、代表者同士でのゴルフ大会は頻繁に行われており、仕事以外のコミュニケーションのほうが充実しているという噂もあります。さらに、8月末には、宿泊研修を実施し、知識の共有化を図るとともに、互いに夜遅くまで親睦を深めました。
Q5 貴監査法人で仕事以外で、“その道のプロ”と自慢できる方がいればご紹介ください。

代表者の一人にステンドグラス細工を得意としている者がおり、その腕前は趣味の域を超えております。作品は、事務所に飾られており、その芸術性高きキラメキは仕事で疲れたわれわれの心を癒してくれます。
Q6 貴監査法人が実施している社会貢献活動、特別な福利厚生等があればお教えください。

残念ながら、当法人が直接的に社会貢献活動を行っているということはありません。また、特別な福利厚生等もありません。
Q7 事務局の女性にお尋ねします。こちらの事務所の会計士は、どんな方たちですか?

「普段」は気さくな方ばかりなのですが、「仕事」に取り組む姿勢は真剣でその切り替えの速さにはいつも驚かされます。また、皆さん「厳しさ」のなかにも「優しさ」があり、ダンディズム漂うその雰囲気には大人の魅力を感じます。
Q8 貴監査法人の周辺でお勧めのお店(ランチの店等)がありましたらご紹介ください。

梅田という立地上、飲食店は数多くあります。そのなかでも、我々のお勧めは「Chief」という隠れ家的な雰囲気が漂う洋食屋さんです。ランチメニューは「日替わりランチセット」(コーヒー付で700円)のみでありますが、毎回ランチメニューが替わり、「今日はどんなメニューだろう」とわくわくしながらお店に向かいます。小さなお店なのでランチタイムには行列ができることもしばしばで、その行列に並ぶかどうかでいつも頭を悩まします。
Q9 貴監査法人の今後の展望を教えてください。

当法人は中小監査法人としての特徴を生かし、大手監査法人にはないきめ細やかなサービスを実施することにより、クライアントから愛される法人でありたいと考えて現在まで努力してまいりました。大きなことは言えませんが、今後も中小企業の成長または再生に協力できれば幸せであると思っております。
Q10 最後に、何でも結構ですので、貴監査法人のアピールをお書きください。

本部は大阪にありますが東京、京都、神戸にも事務所を有しております。また、当法人には会計・税務はもちろんのこと金融、不動産分野等に精通した会計士が存在します。そのため、地域的にも専門的にも幅広いサービスを展開でき、クライアントには満足していただけると考えております。
 
監査法人アイ・ピー・オー 大阪事務所
 代表者 三宅 幸造
 大阪北区梅田1―1―3―2800 大阪駅前第3ビル28階
 TEL 06−6345−1602
 FAX 06−6345−1641