編集後記

 
 2007年のCAPA大阪大会に向かって東南アジアの国々との交流を深める一環として、平成16年12月14日に大韓民国韓国公認会計士會釜山支會と交流に関する基本合意書が締結されました。今後どのようにこの交流を実りあるものにするかは、会員の方々の積極的な参加に掛かっております。興味のある方は国際交流特別委員会に是非ご参加ください。(詳しい記事は今月号に載せております。お読みください。)
 社会公会計委員会が衆議院議員全員に政治資金に関するアンケートを実施した結果を今月号に載せております。(報告としては少し遅くなりましたが。)分析結果として、政治資金収支報告書の基盤がまだまだ不十分であることが浮き彫りになったと結論付けております。今後この結果を基にどのようにアピールしていくかも検討する必要があるのではないでしょうか。 
会報部でも今回緊急アンケートをとる事にしました。この2年間会員の方々に読んでもらえることを重視し紙面作りを行ってきましたが、会員の方々の意見、批判等がなかなか反映できなかったのではと考え、アンケートを実施し今後の紙面づくりに反映させたいと思っております。(別紙でアンケートを実施しております。)沢山の方々からのご意見をお待ちしております。
(会報部長:市田 龍)