編集後記

 
 ボーダレスという文字をよく目にしますが、これは経済や情報に限らず色々なところで使われています。日本での食料事情からは量的にはボーダレスでないと困りますが、安全性をどこまで犠牲にして量を確保する必要があるかなどの意見はまちまちではと思います。
 原油や鉄鋼などの重要資源については、中国の巨大市場の参入で取り合いの状態になっていますが、地球規模での資源(枯渇)問題が加速しています。この中国の経済発展は、重大な環境問題も引き起こし日本などにも直接の影響が出てきています。環境問題は地球規模での問題でボーダレスなもので、温暖化問題以外にも規制が必要ではと思います。情報という点では、世界的なインターネット社会が形成され、ウエブで簡単に全世界を対象にした情報発信が可能になっていて、発受信する情報の精度や保護すべき情報の問題があります。
 こう考えるとボーダレス社会の恩恵を享受しつつも、解決すべき問題が地理的に広がり、解決の困難性を高めているように思われます。このボーダレス社会の生活では各個人は新たな自覚を求められていると思いますが、変化についていくのもなかなか大変なことです。それはそうとして、とりあえず体重をすこし減らさないと(個人情報?)。

(会報部:松尾 雅芳)