経営委員会の活動報告と新年の抱負

経営委員会委員長 松 本  学

 
 経営委員会委員長の大役を仰せつかり、約半年が瞬く間に過ぎ去りました。無事に中間報告させていただけますこと、先ずは影に日向にご支援賜りました佐伯会長様、藤原担当副会長様、各活動を強力に推進していただいております岡本、大保、西原、東の四名の副委員長様、近畿会事務局の皆様、そして活動の主役である経営委員の皆様に厚く御礼申し上げます。今後とも経営委員会では、知的財産に関連する分野や、バイオをはじめとする先端技術産業における公認会計士に対する社会の新しい期待に応える活動を企画・運営していきたいと考えています。
 紙面をお借りしてこれまで半年間の活動を簡潔にご報告させていただきます。
1. 関西バイオビジネス研究会

@

実践事例#1終了
昨年7月にチッソ社からのベンチャー設立につながりました。

A

実践事例#2進行中
大阪府補助事業を活用して、大学発ベンチャー立ち上げに向けて支援中です。

B

実践事例#3進行中
大学発ベンチャー立ち上げに向けての支援で、1月下旬にクロージングを予定しています。
 関西バイオビジネス研究会では、バイオサポーターズ三会協議会のバイオ勉強会修了者を対象に、有望バイオシーズの実践事例を提供します。今後とも、大阪弁護士会及び日本弁理士会近畿支部に所属する他士業とのネットワークを一層深め、共同研究成果の蓄積を進めてまいります。4つ目の実践事例は、4月を目途に着手する予定です。
2. バイオサポーターズ三会協議会

@

バイオ勉強会
基礎知識コース全4回8講座を昨年10月〜11月に開催しました。公認会計士からは10名の3期生を輩出しました。

A

バイオジャパン2005
 昨年9月に横浜で開催されました「バイオジャパン2005」で、三士業によるパネルディスカッションを実施しました。バイオサポーターズ及び関西バイオビジネス研究会の活動を内外のバイオ関係者に紹介しました。(詳細は近畿CPAニュース556号で報告させていただいております。)
 バイオサポーターズ三会協議会では、今夏に4期生向けのバイオ勉強会を開催予定です。また広報活動としては、NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、近畿経済産業局のご支援の下、3月上旬に開催される大阪地区でのバイオ関連イベントで、バイオサポーターズ及び関西バイオビジネス研究会の活動を紹介させていただく予定です。
3. 委員会

@

経済産業省との意見交換会(実施日:8月1日、テーマ:経産省の知的財産政策と知的資産経営報告書について、講師:経済産業省経済産業政策局知的財産政策室長 住田 孝之氏)

A

知的財産の情報開示に関する最新動向(実施日:8月31日、講師:あずさ監査法人産学官連携推進室 夷谷 信行氏)

B

ヘラクレス(グロース)上場審査の際のポイント(実施日:11月24日、大阪証券取引所執行役員 村田 雅幸氏)
 委員会では、引き続き知的財産にかかるテーマの調査・研究を進めてまいります。次回は企業の研究開発戦略をテーマに2月に開催予定です。
4. 研修会
 大阪弁護士会との共催による研修会を、200名近い参加者を集め盛大に開催させていただきました。(実施日:9月28日、テーマ:LLP/LLC制度について、講師:経済産業省産業政策局産業組織課課長補佐 石井 芳明氏)
 研修会では、引き続き「バイオビジネス」、「知的財産」をキーワードに近畿会会員のご期待に適うセミナーを企画していきたいと考えています。
5. その他

@

奈良先端科学技術大学院大学のMOT教材開発
 「関西文化学術研究都市の研究人材のための研究開発型ベンチャー戦略提携論」の教材開発を支援中です。

A

LLP検討会
 昨年9月の研修会を期に、大阪弁護士会業務改革委員会、大学関係者を交え、産学連携におけるLLPの活用方法と課題の検討を進めています。

B

大阪弁護士会知的財産委員会との交流
昨年9月に交流会を開催しました。今後の具体的な交流を模索中です。

C

JICPA本部経営研究調査会
 昨年9月以降、月例の知的財産専門部会と紛争処理会計専門部会に委員2名を派遣し、意見交換・情報収集を進めています。
 その他の活動では、各プロジェクトの成果を必要に応じて順次取りまとめる予定です。
 最後になりましたが、会長重点施策にある関西経済活性化への貢献、各種支援機関・士業団体等との積極的な連携、近畿会の存在感アピールに向けて経営委員会活動を進めてまいります。近畿会会員の皆様のご支援を、引き続きよろしくお願い申し上げます。