本部委員だより

本部委員 出版委員会活動

出版委員 林 紀美代

 
 近畿会の会報部長になると同時に、本部の出版委員の就任依頼があり、毎月委員会があるとの事で、少し気は重かったのですが、引き受けることとなりました。
 本部の出版委員会は、公認会計士協会名で出版している印刷物の編集作業がおもな活動となります。
 平成17年9月が最初の委員会でしたが、所用で出席できず、2回目からの出席となりました。
 出版物としては、私の知る範囲では、下記のものがあります。(下記以外にあるのかもしれませんが・・・)
企業監査法令、資料集追録
監査小六法
金融監査小六法
監査実務指針ハンドブック
非営利法人会計六法
学校法人会計六法
決算開示トレンド
 上記、出版物に掲載する項目、掲載場所、目次の編纂等が主な活動です。
 編集作業以外に、小委員会が編成されるようですが、今現在は編成されていません。

 私は、まだ委員になって1年経過していないので、上記の内、編集にかかわったのは監査小六法、金融監査小六法、企業監査法令です。

 出版価格、出版時期についても出版社と議論しました。
 出版価格の値上げについては、出版社と出版元での駆け引きがあり、結構時間がかかっていました。また、出版時期をいつにするかは、本の売れ行きにかかわるので、出版社もタイムリーに出版することに固執されます。出版元としては、できるだけ最新の情報を掲載したいので、どこで折り合いをつけるかが問題となります。

 出版委員の作業は地道なものですが、出版委員になってよいことは、出版物を贈呈されることです。今、私の机には上記の出版物がところ狭しと並べられています。