ワールドカップを楽しもう!《了》

 反則とフリーキック

サッカーでは、反則を犯した場合、相手側にフリーキックが与えられます。フリーキックには、フリーキックから直接得点できる直接フリーキックと、フリーキックにより蹴られたボールが一旦他の競技者を介さないと得点できない間接フリーキックがあります。また、守備側競技者が自陣のペナルティエリア内で直接フリーキックになる反則を犯した場合には、相手側にペナルティキックが与えられます。

1.

直接フリーキックとなる10の反則
(1) Kicking(キッキング)
    相手を蹴る、または蹴ろうとする。
(2) Tripping(トリッピング)
    相手をつまづかせる、またはつまづかせようとする。
(3) Jumping at(ジャンピングアット)
    相手に飛びかかる。
(4) Foul Charging(ファールチャージング)
    相手を不用意に、無謀に、過剰な力でチャージする。
(5) Striking(ストライキング)
    相手を打つ、または打とうとする。
(6) Pushing(プッシング)
    相手を押す。
(7) Foul Tackle(ファールタックル)
    ボールを奪うために相手にタックルをし、ボールに触れる前に相手に接触する。
(8) Holding(ホールディング)
    相手を抑える。
(9) Spitting(スピッティング)
    相手につばを吐きかける。
(10) Handling(ハンドリング)
    ボールを意図的に手で扱う(自陣のペナルティエリア内でのゴールキーパーを除
く)。
 

2.

間接フリーキックとなる反則

(1)

ゴールキーパーによる反則

@

自陣のペナルティーエリア内で、ボールを手から離して、他の競技者が触れる前に再びボールに手で触れた場合

A

自陣のペナルティーエリア内で、味方競技者から意図的に渡された(バックパス)ボールに手で触れた場合

B

自陣のペナルティーエリア内で、味方競技者によってスローインされたボールをダイレクトに受けて手で触れた場合

C

自陣のペナルティーエリア内で、時間を浪費した場合

D

自陣のペナルティーエリア内で、6秒以上ボールを手に持っていた場合

(2)

主審の判断で間接フリーキックを与える場合

@

競技者が相手にとってあるいは自身にとって危険な方法でプレーした場合

A

競技者が相手の前進を妨げた場合

B

競技者が相手ゴールキーパーが手からボールを離そうとするのを妨げた場合

C

その他の反スポーツ的な行為(審判の目を欺くことを意図したシミュレーショ
ンやオフサイドを含む。)
 

オフサイド

汚さやずるさの反スポーツ的行為を排除する一方で、フェアーであるならば選手同士の激しい体の接触も認めるというシンプルな精神に基づくサッカーのルールの中で、オフサイドは良く「分かりにくい」と言われるものですが、これも結局は「相手ゴール前でボールを待ち伏せするのは卑怯」というシンプルな発想に基づくルールです。

オフサイドによる反則は、攻撃側の競技者がオフサイドポジションにいて
積極的にプレーにかかわっていると主審が判断した場合に発生します。
(1) オフサイドポジションにいること
攻撃側の競技者がセンターラインより相手側エンドにおいてボールより相手ゴールラインに近い場所で、その競技者の前(相手ゴールライン側)に相手競技者が2人以上(ゴールキーパーを含む)いない場合にこの競技者のいる場所をオフサイドポジションと呼びます。
(2) 積極的にプレーにかかわっていること
オフサイドポジションにいること自体は違反ではありません。オフサイドポジションにいた競技者が味方から出されたボールに対してプレーに加わった、ボールにからんだ相手競技者に対して干渉した、あるいはその位置にいたことによって利益を得たと主審が判断した場合にオフサイドの反則となります。
(味方からのゴールキック、スローイン、コーナーキックにより直接ボールを受けたときはオフサイドにはなりません。)

(1) 攻撃側競技者AからBにパスが出た時点で、Bの前には、相手側競技者が一名しかいませんので、Bはオフサイドポジションにいることになります。
(2) ここで、BがAからのパスを受けてシュートした場合(積極的にプレーに関わった場合)、オフサイドの反則が成立します。

攻撃側競技者Aパスが出た時点では、Bの前方には、2名の守備側競技者がいたため、Bはオフサイドポジションにはおらず、パスが出た瞬間に走りこんで放ったシュートはオフサイドとはなりません。
 
 3回にわたって「ワールドカップを楽しもう」と題してサッカーの基本的なルールを解説してきました。最終回にあたり、過去、ワールドカップで伝説的なプレーを残してきた選手たちの名言をご紹介します。
ペレ(ブラジル) 「ボールは丸いことを理解しろ」
クライフ(オランダ)「ボールを回せ、ボールは疲れない」
バッジオ(イタリア)「PKをはずすことができるのは蹴る勇気を持った者だけだ」
ジダン(フランス)「サッカーが簡単だったことは一度もない」
 
(本田 貫一郎 記)