厚生部

ゴルフ部だより

 
 4月11日の火曜日兵庫県美嚢郡吉川町の花屋敷ゴルフ倶楽部よかわコースで平成18年度第1回目の近畿CPAゴルフ会が開催されました。
 当日は天気予報の通り大雨強風で、とてもゴルフに集中できる状況ではなく、2名の会員はゴルフ場には来られたのですが、余りにも雨がきつく、スタートに立会って頂くだけで、プレイは辞退となりました。ただ、スタートしてからは、雨による中止もなく無事ホールアウトできました。
 ここ花屋敷ゴルフ倶楽部では4月7(木)〜9日(日)、日本女子プロゴルフツアー第4戦「スタジオアリス女子オープン」が開催され、プロトーナメントのコース設定を体験するため、トーナメントの翌週にゴルフ会を開催することになりました。ちなみに、このトーナメントでは、李知姫プロが福嶋晃子プロとのプレーオフを制して優勝しました。このプレーオフでは、池越えの名物ホールである最終18番ホールを使用し、4回目で決着がつきました。同じコースを使うプレーオフのため、4回目にはカップの位置を変更したとのことです。また、優勝スコアは2オーバー、予選カットは10オーバーと如何にこのコースが難しかったかを物語っています。
 トーナメントの翌週とあって、ティーグランドの位置は女子プロと同じ位置でしたが、女子トーナメントのためか、多くのホールでバックティーより前にティーグランドがありました。また、プロトーナメント設定のグリーンを参加者全員楽しみにしておりましたが、大雨のためグリーンには、雨による水溜りが多くの箇所できており、プロトーナメントの設定を楽しむどころか、ボールがスムーズに転がらず、皆さんパターに大変ご苦労されました。記者となった私は、大雨と強風により、桜の季節の楽しいゴルフを満喫することができず、早くホールアウトしたい一身でプレイしました。次回は雨のない爽やかな初夏のゴルフを楽しみたいものです。
 このような状況の中、山田和民会員が優勝されました。準優勝は島征一郎会員、3位は足立光三会員でした。最後に、参加された会員の皆様、大雨の中大変お疲れ様でした。また、今後の予定は下記の通りですので、皆様ふるってご参加ください。
 
6月6日  茨木カンツリー倶楽部西コース
8月3日  茨木高原カンツリー倶楽部

 ( 文責 西谷 俊治)