経理部長就任のご挨拶  

 

経理部長 谷 晋介

 近畿会の幹事職は久方振りの復帰となりました。
この度、経理部長に就任することになりますので、この紙面をお借りして会員の皆様にご挨拶を申し上げたいと思います。
 私は、経理部長の役割は次のようなものであると認識しています。
@ 日常の資金管理を実行すること。具体的には振替伝票を査閲し、振込出金については経理部長が承認・押印の手続きをとることです。
A 各部・各委員会の活動目的を踏まえて適切な予算を編成すること。
B 予算が適切に執行されているかを把握・管理すること。
C 予算の執行状況を役員に適時・適切に報告すること。
D 決算書を公益法人会計基準及び経理規定に準拠して作成し、定時総会にて承認を得ること。
 
 特にDにつきまして、平成18年度からは新しい公益法人会計基準の導入によりキャッシュフロー計算書の作成が義務付けられています。事務局においてその作成がスムーズに行える様指導して行きたいと思っています。
 近畿会の財政規模は平成18年度(平成19年3月期)末ベースで総資産371万円、平成18年度事業活動収入(実績)は204百万円となっており、これからの会員数を考えますとその規模は益々拡大して行きます。この近畿会の貴重な財産を効率的かつ効果的に運用・管理して行くことが私のミッションです。
 以上のような役割を総括する経理部長職は、私にとっても初めての経験で「紺屋の白袴」にならぬ様、気を引き締めて精一杯頑張って行く所存ですので会員の皆様方のご支援、ご協力の程をお願い申し上げます。