編集後記
 
 秋も深まり冬本番を迎えつつありますが、業界内では公認会計士試験の合格発表や監査法人・会計事務所における入所式などがあり、春真っ盛りといった感じです。本年度は全国で過去最高の4,041名(うち、短答式試験受験者等2,695名)、近畿では810名の合格者が誕生しました。近畿実務補習所の新実務補習生は500名以上にも上るため、本号でも掲載したとおり、今回(第53期)の入所生から1クラス増えて3クラスになりました。事務局や補習所講師の方々は大変でしょうが、将来を担う人材の育成のために、ご協力をよろしくお願いいたします。
 試験合格によって新たに近畿会に入会された皆さん、合格おめでとうございます。厳しい受験勉強を経て今また新たなスタート地点に立たれたわけですが、勉強を始めた頃の熱い気持ちを忘れずに、進んでいって欲しいと思います。
 また、全ての会員・準会員の皆様、今年もあとわずかとなりましたが、どんな1年だったでしょうか。皆様にとって、来年がよりよい1年になることをお祈りいたします。

(会報部 三浦 宏和)