年 頭 所 感
 

財務省
近畿財務局
局長 
樋口俊一郎

 新年明けましておめでとうございます。
 日本公認会計士協会並びに会員の皆様には、日頃から近畿財務局の業務運営に関しまして、深いご理解とご協力を頂きまして、厚く御礼申し上げます。
 始めに金融をめぐる動きについて申し上げます。地域金融の安定の観点から、地域金融機関については、地域密着型金融の機能強化を通じ、不良債権問題の解決を図るとともに、中小企業の再生と地域経済の活性化を目指してきたところであります。
 最近の金融商品・サービスの状況に目を向けますと、金融商品・サービスの多様化・高度化は目を見張るものがあり、様々なリスクを含んだ金融商品・サービスが考案される一方で、外国為替証拠金取引や未公開株等金融取引をめぐる様々なトラブルや事件が起きています。
金融庁、近畿財務局では、金融サービスの利用者のかたがたが安心して金融サービスを利用できるように、さまざまな環境整備に努めているところです。昨年の9月末に施行され
た金融商品取引法では、証券会社などの金融商品取引業者に投資商品の説明義務を負わせるなど、金融サービスの利用者が安心して投資を行うことが出来るような環境整備を行っているところであります。
 視点を変え、国際的な金融情勢をみると、引き続きいわゆるサブ・プライムローン問題
への対応に万全を尽くしつつ、わが国の金融・資本市場の競争力の強化が大きな課題であると思います。優れた市場を構築する観点から、取扱商品の多様化、銀行・証券間のファイヤーウォール規制、プロ向け市場の創設、課徴金の見直しなどの課題について、検討を進め取り組んでいくところであります。
 
(公認会計士制度を巡る状況)
 ここで、最近の公認会計士制度を巡る状況について一言述べさせて頂きます。
 公認会計士の皆様方は、日々の監査業務を通じ、ディスクロージャー制度を支えるうえ
で重要な役割を担っておられますが、最近の会計監査を巡る様々な問題の発生等を受け、ディスクロージャー制度の重要性が一層増すとともに、公認会計士監査に対する関心や社会的な期待も一段と高まっております。特に、企業活動の多様化、複雑化、国際化や監査業務の複雑化、高度化が進展する中で、組織的監査の重要性が高まっていると考えられるところであります。
 このような観点から、金融庁としては「公認会計士法等の一部を改正する法律」(19年6
月20日成立)において、
 @監査法人等の品質管理・ガバナンス・ディスクロージャーの強化、
 A監査人の独立性及び地位の強化、
 B監査法人等に対する監督や監査法人等の責任の見直し、
等の措置を講じ、会計監査の充実・強化を図り、企業開示に対する国民の信頼を確保していく上で、重要な改正が行なわれたところであります。
 本法律の施行時期については平成20年4月1日を予定しており、金融商品取引法に基
づく四半期報告制度、内部統制報告制度の導入が予定されていること等を踏まえ、これと
整合的な形で制度を実施して行くことが重要と考えているところであります。
 近畿財務局においても、公認会計士業界を取り巻く大きな流れの中、金融庁とも密接に
連絡を取り、また、会員の皆様方とも協力して、適切なディスクロージャーと会計監査の
ために努力していきたいと考えております。
 また、金融庁においては、より良い規制環境を実現するためのベター・レギュレーショ
ン (金融規制の質的向上)を、今後の金融行政の大きな課題と位置付けているところであります。これには、@ルール・ベースの監督とプリンシプル・ベースの監督の最適な組み合
わせ、A優先課題の早期認識と効果的対応(重要性の原則)、B金融機関の自助努力尊重と金融機関へのインセンティブの重視、C行政対応の透明性・予測可能性の向上の4つの柱があり、その中の具体策として関係機関・団体との対話の充実が盛り込まれているところであります。近畿財務局としても、日本公認会計士協会各地域会での業務説明や意見交換などを通して皆様と良好なコミュニケーションを図るとともに事情の把握に努めて参りたいと思います。
 中務会長には、国有財産近畿地方審議会委員、金融行政アドバイザリーをお引き受けいただき、貴重な助言をいただいておりますほか、財務行政に一方ならぬご尽力を賜っているところでございます。また、近畿会におかれては、管内の大学において公認会計士の説明会を積極的に行われているところであり、私どもの公認会計士・監査審査会の委員を講師として招いていただくなど、公認会計士を志望する者の裾野の拡大に努めておられることに敬意を表するとともに、行政当局といたしましてもお手伝いできるところは協力を致したいと考えております。
 最後になりましたが、新年を迎え、貴協会の一層のご発展と会員各位のご健勝と益々のご活躍を心よりお祈り申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。