地区会コーナー
「かにツアー」
北部大阪地区会の新年会「かにツアー」の報告

北部大阪地区会 会長 橋爪健治

 
 平成20年1月11日(金)と12日(土)の2日間、北部大阪地区会では新年会企画として兵庫県香住への「かにツアー」に出かけました(北部大阪地区会では、新年会企画として、ここ4年連続で「かにツアー」を実施しています)。
 香住は、旅行パンフレットなどで日本海屈指の漁港、香住港から新鮮な海の幸がとれる
所と紹介されていますが、冬の味覚はなんと言っても「松葉ガニ」です。
 元会長本川さんのご親戚が営んでいる民宿旅館「太平」で、格別な料金で沢山の高級食材「松葉ガニ」を味わいました。
 
 1月11日(金)は、JR大阪駅13時すぎの特急北近畿9号に乗り、福知山・豊岡で電
車を乗り継ぎ、4時間弱で目的地の香住に到着する電車の旅です。今年の参加者は9名で、顔なじみ同士の小旅行となりました。大阪駅駅構内のスーパーマーケットでビールやつまみなどを買い込み、電車発車早々にビールで乾杯し、会話も弾み、楽しい旅路となりました。この冬も例年どおり暖冬となっていますが、大晦日から正月にかけては日本海側では大雪が降り、車窓から所々で残雪が見れました。
 民宿には17時ごろ到着しました。ここには天然温泉があり、食事前に温泉に入り、旅路の飲み疲れ・喋り疲れを癒しました。夜の食事、部屋の座卓には沢山の「松葉ガニ」が用意されており、参加者皆でわいわい楽しく、贅沢に焼きかに、かにすきなどで「松葉ガニ」を美味しくいただきました。日頃、私は、かにかまぼこやかに雑炊の素などでしか、かにを味わっておらず、本物のかにの美味しさを上手く表現できませんが、高級食材を美味しい方法で沢山、食べるのは現地に行って味わうことをお勧めします。最後は、かに雑炊でお腹の方も満杯となりました。食事の後は、マージャンを楽しんだり、再び温泉に入ったり、たっぷり一日目を楽しみました。
 
 1月12日(土)は、前日夕刻からの雨がいっそう激しくなり、これに強風も重なり、日
本海側は悪天候でした。この日の予定は、城崎温泉で途中下車し2時間位、外湯めぐりを
楽しむことでした。民宿でおいしい朝食を食べた後、JR香住駅10時前発の電車に乗る前
に、民宿の送迎車で「にしとも かに市場」に送ってもらい、皆家族へのお土産にかにや鮮
魚などの買い物をしました。
 JR城崎温泉には各駅停車で40分程で到着しましたが、天候の方は相変わらずの大雨です。城崎温泉外湯めぐりの案内では、「大谿川沿いの柳並木と太鼓橋、風情ある温泉街に7つの外湯が点在し、ゆかた掛けでそれらの外湯をめぐるのが城崎温泉のひとつの風景です。」と紹介がありますが、この日ばかりは、とても温泉街をゆっくりぶらついて複数の湯をめぐる天気ではありません。このため、7つある外湯のうち駅に隣接してある「さとの湯」の一ヶ所のみ楽しむことに予定変更しました。帰阪予定の電車も変更したので、1時間位でここの大浴場、露天風呂、サウナなどの色々なお風呂を急ぎ楽しみました。
 大阪へはJR城崎温泉駅11時30分すぎの特急北近畿12号に乗って帰ってきました。車
中では駅で買った駅弁を食べ、昨夜のマージャンの話などして楽しく帰ってきました。
 JR大阪駅には14時30分頃に到着、「かにツアー」は終了しました。
 
 泊りがけの新年会は、参加した者同士の親睦は深りますが、宿泊・平日出発のため、参
加者が少なく、広く会員の親睦を図ることは出来ているとは言えません。今回、私は初参
加でしたが、都合を調整し、このような泊りがけの親睦会に参加すれば、大阪ではけっし
て味わえない美味や癒しの時間が得られることを思い知りました。