特集

特集 各部・委員会活動中間報告

3月号に掲載いたしました中間活動報告の後半です。
(他の部会については3月号をご覧下さい。)

 

研究・CPE研修部 中間活動報告 

研究・CPE研修部長 増田 明彦

 

 研究・CPE研修部は、旧研究部と旧CPE研修部が統合されてできた部で、中日本五大会の企画運営とCPE研修制度関係の活動をしております。
  中日本五会研究大会は、近畿会、京滋会、兵庫会、東海会、北陸会が毎年持ち回りでその企画運営を担当していますが、今回は近畿会の担当で、第39回中日本五会研究大会の企画運営をいたしました。場所は、グランキューブ大阪(大阪国際会議場)で平成20年1月26日(土)に開催いたしました。午前中は自由論題の部で、参加人数は507人でした。全部で6テーマでしたが、一番参加人数が多かった会場で127人、最も参加人数が少なかった会場でも63人とほぼ満席の状態でした。午後からの統一論題の部では、午前の部を超える583人の参加を得ました。5月には、大会記録「インデペンデンス」の発行を予定しております。
  CPE制度関係としましては、月1回開催される協会本部のCPE制度協議会に出席し、11月に開催されたCPE制度推進センター全体会議にも参加いたしました。CPE制度関係の協会本部の動向につきましては、近畿CPAニュース2月号に記事を掲載いたしました。
  また、1〜2ヶ月に1度、京滋会、兵庫会のCPE研修担当者と会議を行い、情報交換、三会共催研修会の検討等を行っております。3月13日には品質管理の、14日には職業倫理の三会共催研修会を開催する予定です。
  今年度においては、DVDを利用したビデオ研修会を増やす計画でしたが、その方針に沿って、10月末に監査事例研修会のビデオ研修会を3回実施いたしました。3月24日、27日、28日にもビデオ研修会を予定しておりますのでご利用ください(3月13日、14日実施予定の品質管理、職業倫理の研修も含んでいます)。