厚生・地区会部

 ゴルフ部だより

 
日本のプロゴルフも2008年のツアーも始まり、男女とも白熱した試合が展開されています。我がゴルフ会は歴史や人気などで、ラウンドしてみたいと評判のコースを季節に関係なく2ヶ月に1度のコンペを行っています。ここ最近は、茨木・宝塚・鳴尾など伝統のある名門コースで開催されています。
 

ゴルフ会は、2008年の第一回のコンペを宝塚ゴルフ倶楽部の旧コースで行いました。今年の冬は例年になく寒く、2月5日も雪の降りそうな天候ではありましたが、参加者は元気一杯に競技を行いました。
  ゴルフというスポーツは、年齢や男女を問わず、またハンディキャップ制度により技術の上下の関係なく、スタートティのポジションを区分することにより、同じコースで楽しく競技ができるところが特色です。
  今回の上位入賞者(優勝〜3位)は、後期高齢者にも属そうかという平均年齢78歳(競技日現在)であり、孫どころか曾孫と一緒にゴルフができる方々です。
  ゴルフは、バブル崩壊後会員権やプレイフィの下落により誰でも気楽に趣味として楽しめるスポーツとなりました。昨今のジュニアブームもあってTVにもよく採り上げられるようになり、話題にも事欠かないものとなっています。我々公認会計士の業界も団塊世代が定年を迎えるなど、趣味のゴルフを楽しめる方々も増加しており、是非ゴルフ会に参加されることを期待いたします。
  先ほども書きましたが、今回の上位入賞者の実績が示すように、生涯スポーツとして人生の楽しみの一つにもなると思います。もちろん、若手や女性の方々も是非参加されるよう一同期待しております。

 
次回開催日
6月3日(火)茨木ゴルフ倶楽部西コース
今年9月に男子トーナメント(パナソニックオープンが開催され、石川遼君も出場する予定のコースです。) 参加希望の方は、近畿会事務局か、幹事(上村・西谷会員)までご連絡下さい。
 

(文責:坪内 隆)