編集後記
 
 土曜ドラマ「監査法人」を見ました。会計士の仕事がドラマになるなんて!私が会計士になったころを思うと信じられません。キャストも結構豪華で、楽しく(?)見ています。ただ、監査法人や会計士が誤解されるような演出も多いような気がします。私が知っている限りでは、あれほどの粉飾を容認するようなことは「厳格監査?」時代よりも前でもなかったと思いますし、会社の方々があれほどまでに丁重であったようなことはないような気がします。「厳格監査」という言葉にも非常に違和感を覚えるのは、私だけでしょうか?引当金の計上等グレーゾーンについては、見解が分かれるため、「甘めの監査?」が行われていたようなことがあったのかもしれませんが、売上の架空計上や棚卸資産の過大計上等には「厳格」に監査を行ってきたと思っています。
  監査法人が脚光を浴びるのは個人的には良いことだと思いますが、あのドラマが監査法人に対する誤解を招かなければ良いと思います。
  皆様はどう思いますか?

(会報部 百々 季仁)