編集後記

編集後記

 
 7月22日に日本の陸地での観測としては46年ぶりとなる、皆既日食がありました。残念ながら、6分超という最長の観測が出来る悪石島では、天候が悪く観測することが出来なかったようですが、鹿児島県の喜界島では、神秘的な皆既日食が観測され、その模様がテレビにて紹介されていました。大阪においては、一部テレビ報道によると淀屋橋界隈で、雲の隙間から三日月形の部分日食が観測出来たようです。
 我が家においては、子供が日食観測用メガネを手に、何度か外に出て観測を試みたようですが、曇っていて太陽の位置も良く分からなかったようで、残念そうに報告してくれました。私はというと、ほとんどの皆さんと同じように、第1四半期の業務に追われ、午前中は窓もない会議室にこもって会議を行っており、昼食で外に出た際に「そういえば、今日の午前中は日食があったな」と思い出した状況でした。
  次は、2035年9月2日に石川県の能登半島と茨城県を結ぶ地域で、皆既日食が観測可能とのことです。そのときには、引退していてのんびりと観測出来たらいいな、と思っています。

 (会報部 神谷直巳)