寄稿

〜寅年に寄せて〜

影山泰久

 新年明けましておめでとうございます。

 年男ということで僭越ながら失礼いたします。  新しい年を迎え、改めて自らの健康を与えられていること、家族が無事であること、職場で仲間と共に研鑽できること、すべてに感謝しております。
 寅年について一つ。
 『寅年生まれ』をインターネットで検索すると、勇猛果敢な人が多いそうで、カリスマ的で確固たる信念を持ち、心は機敏にて、いつも活動しているとのこと。また、独創的なプランの持ち主でどんな挑戦でも受けて立つ心構えがあるらしい・・・
 さて寅年の方々、寅年の方が周りにおられる方はどのように思われたでしょうか?  激動する現代社会において公認会計士として、『寅年生まれ』の特性を生かしていければ、社会に貢献する素晴らしい業務をこなしていけるのではないでしょうか。

 論語の一節より任重而道遠(任重くして道遠し)とあります。(「人の上に立つ者はその職務に対する責任は重く、達成の道のりは遥かに遠い」の意)また、孟子は志氣之 帥也(志は気の帥(すい)なり)と言っています。(「心の向かうところが定まっていれば、自ずから元気も気力も湧いてくる」の意)  今年の抱負としてこのことを胸に留め、職場においても家庭においてもますます己を律しながら精進して参りたいと思っています。

 あとになりましたが、昨年度お世話になりました皆様に感謝を申し上げると共に、本年もご健勝とご多幸を祈念してご挨拶に代えさせて頂きます。