寄稿

会計士になってからを振り返って&来年の抱負

久保田愛

 公認会計士試験に合格し、2008年12月に入社してから早いもので1年以上が経ちました。私は、前職がなく、初めての就職が監査法人であったため、監査について学ぶことに加え、社会人としての常識を身につけることも必要でした。
  そのため、最初はわからないことだらけで、戸惑うことばかりだったのですが、先輩方が優しく指導してくださり、まず真似ることから始め、至らないところはたくさんあるのですが、少しずつ自分でできることも増えてきました。
  しかし、今までは何でもわからないことは教えていただけたのですが、これからは、新人に教える立場になります。
  新人に教えるというのもありますが、自分自身の知識の幅を広げることも必要だと思うので、来年はもっといろいろなこと(IFRS、自分の行っているクライアントの業界に関すること、英語など)を勉強し、挑戦していきたいと思っています。
  また、プライベートでは、今まで趣味といえるものがなかったので、新しく趣味を作りたいなと考えています。
  オススメの趣味があれば、アドバイスをいただければと思います。
  最後に、今年は昨年以上に成長できるように、公認会計士試験に合格したころの気持ちを忘れずに、頑張っていきたいです。
  皆様、今年もご指導のほど、よろしくお願いいたします。