報告
準会員会主催勉強会・全国幹事会の報告

準会員会近畿分会

 
【第一回勉強会レポート】 

準会員会 近畿分会 幹事 坂井 嘉兵衛

 平成21年12月5日、準会員会主催の勉強会を開催致しました。「多様なフィールドで働く会計士の事例紹介」のテーマで、講師には株式会社日本総合研究所の吉田徹先生をお招きしました。吉田先生は公認会計士試験合格後、信託銀行、監査法人、証券会社、メーカーと多様な職場を経験された後、現職に就かれています。
 勉強会は、それぞれの職場での業務内容、会計士に求められる役割に加え、それぞれのタイミングでのキャリア形成上の迷いや転職の動機などを軸に進められました。転職には、得られるものと失うものの両面があり、失敗をしない為には日頃から仕事やキャリア形成に関する自身のスタンス(何がしたいのか、どうなりたいのか等)について、考える時間を持つことが必要であること、公認会計士としての知見は、監査法人以外の様々な職場において多様な形で必要とされていること、などが分かりました。今回の勉強会は転職を経験している方はもちろん、まだ経験のない方も非常に共感でき、さらに考えさせられるものでした。
 
【第二回勉強会レポート】 

準会員会 近畿分会 幹事 中辻 仁

 平成22年1月10日、株式会社マイベルコンサルティングの代表取締役である小柴学司先生をお招きして第二回勉強会を開催致しました。小柴学司先生は公認会計士二次試験に合格され監査法人勤務後、会計事務所にて税金全般・不動産仲介・不動産鑑定を学ばれ、M&A仲介会社において多くのM&A案件に携わられました。
 講義の「実例から学ぶM&A入門」において話された、実際のM&A成約事例は興味深い内容でした。メディアや映画の影響を受けているせいか、M&Aといえば敵対的買収のイメージが強かったのですが、実はほとんどが友好的買収であること、後継者不足で廃業せざるを得ない企業が全企業の40%以上もあることなど驚くことがたくさんありました。また参加型の講義であったため、参加者が自分の意見を率直に言うことができ、先生も時折冗談を交えつつ話されるなど非常に有意義な講義となりました。
 小柴先生は「後継者不足で廃業せざるを得ない優良企業を買収したいという買い手は存在する。それにもかかわらず、M&A(売却)という選択肢を知らないために廃業する企業が多いことは残念。売り手も買い手も双方がWin-Winの関係になれるようなハッピーM&Aを普及させたい」との信念を持って活躍されております。
 
【全国幹事会のご報告】

準会員会 近畿分会 2010年度会長 荻窪 輝明

 準会員会(旧会計士補会)は、日本公認会計士協会の下部組織にあたります。本部(代表幹事・財務委員長・広報委員長)の他、全国にある8の分会(北海道・東北・東京・東海・近畿・中国・四国・北部九州)で組織されています。また、本部と各分会では多数の幹事が準会員の品位と資質の向上に資するような様々な活動を展開しています。
 その活動の一環として年に2度、全国から幹事が集合し、各分会間の情報交換や準会員会に関する諸問題について検討を重ねています。今回は去る1月9日(土)に京都で開催されました、日本公認会計士協会準会員会全国幹事会の模様をお伝えします。
 全国から集まった60名余りの幹事に加え、協会本部より常務理事の上林三子雄氏や協会自主規制本部研修グループ長の森谷一弘氏を来賓にお迎えし、満杯となった会場で当日の寒さを吹き飛ばすほどの熱い議論が繰り広げられました。
 今回最大のテーマとなったのは、新聞等でも度々取り上げられている公認会計士試験合格者の未就職に関するものでした。これについて企業内会計士のイメージが膨らむインタビュー、パネルディスカッションやセミナー、小規模な交流会などのイベントを実施し、未就職者が企業で働く会計士像をイメージしやすくなるよう、また、監査法人での経験を生かした後、一般企業に転職を考える会計士にとっても参考となる有意義な会を行っていこうというものでした。
 そして今回は、公認会計士となるために必要な業務補助・実務従事についてのレクチャーがあり、どのような経験であれば現行制度上認められるかについて、幹事自らが知る機会を得ました。さらに、上林氏と森谷氏に対しては、協会から政財官の各方面に対して実務従事機会や未就職者の採用の拡大につき、今後も検討や実現に向けての取り組みを続けてほしい、との要望を出しました。一方、協会からは幹事に対して各種イベントや活動を通じ、多くの準会員が会計士としても社会人としても知識や教養を磨くことができるよう今後もサポートしてほしいということや、補習所では自ら主体的に学び自己研鑽のために今後も励んでほしいと応援されました。
 その他、全国的に活動をより積極的に展開していくための体制作りや、各分会からのこれまでの活動報告、広報活動を通じて全国の準会員だけでなく正会員他、企業などにも周知していただけるようWEB展開を中心に積極的なアピールを実施することなど、今後の活動をより発展させるための前向きな意見が多く出され、4時間にも及ぶ議論が終了致しました。
 半年に1度、このような形で全国の幹事が積極的に意見交換を行い、準会員の皆様により一層有意義な活動を行っていくための機会としています。
 
【分会長会のご報告】

準会員会 近畿分会 2009年度会長 川野 兵馬

 1月9日(土)の全国幹事会に引き続き開催された、翌10日(日)の日本公認会計士協会 準会員会 分会長会の模様をお伝えします。分会長会は、前日の全国幹事会から出席者を絞り、全国の8分会から分会長他主要役職者数人ずつの30人余りが参加し、全国幹事会での議論や夏の全国総会に向けた来期の方向性についてより具体的に議論する場です。
 はじめに各分会の新役職者(各役職の任期は1年)が紹介され、準会員会の組織体制の充実強化、準会員会活動の認知度向上施策、全国規模の活動検討、さらに全国幹事会でも議論となった諸問題について話し合いました。ここで特に議論となったのは準会員未登録者の存在です。主に未就職者において顕著であり、準会員登録の際の諸費用負担が重いため、準会員登録していない試験合格者が多数います。準会員登録をしないことで、各地域会に所属せず、準会員会にも所属しないこととなり、未登録者への情報伝達や動向把握が困難な状況にあります。このような状況では、未就職者問題を含め、問題解決の糸口を掴むこともできません。さらに業界としての結束力が損なわれる要因となります。
 この問題に対処するため、今後協会本部と連携して準会員登録者と同様に業界の仲間である未登録者に対しても勉強会や講演会等への参加機会を提供し、未登録者も含めた若手の品位や資質の向上を目指したい旨を伝え、さらに準会員登録しやすい環境が整備できるよう努めるということで全会一致しました。
 我々、準会員会は構成員が若手であり、組織も未熟で業界の一員としては未熟です。しかし、少しでも業界の今後について考え、議論し、声を発することで、未登録者も含めた同じ仲間である若手の品位や資質の向上に努め、ひいては業界の底上げに資する活動をしてまいりたいと考えています。
 皆様、今後も若手へご指導及びご理解くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

●ホームページに準会員会活動を掲載していますので是非ご覧ください。イベントの告知も随時更新しています。
URL  http://www.jija.jicpa.or.jp/