寄稿

卯年の福運第一声

木村 功

 新年あけましておめでとうございます。
 同業の皆々様には公私共大変御世話になっております。私は回を重ねて本年七度目の当り歳を迎えることになりました。最近特に日々感じるのは超特急に乗っているが如く何事にも恒例の行事が1年前の事が昨日あったかの如く思われます。私は毎日夢を見てよく眠ります。その中で正夢になったら良いなあと思う事がしばしばあります。元気な生活を続けるにはどうすれば良いか?ストレスは発散し、新陳代謝を良くし、よく笑っています。私の信条は気は若く心は丸く腹立てず人を立てよと常に実行にうつすように心掛けております。結婚して58年もう2年でダイヤモンド式を迎えるように努力しています。
19歳で最終学歴を終え会計、税務の業務一筋でがんばって居ります。趣味は石付盆栽67歳からゴルフをして気力体力精神力をモットーに一生懸命頑張っております。12年前の卯年の私はシニアーのクラブコンペで優勝した事があります。それは杉原プロに教えて戴いた効果が表われた結果とクライアントでシングルの会社役員、友人のおかげと感謝しております。その時から食事は酢をベースにして出来るだけ精のあるものを中心に考えて実行しております。人生は一回、明るい人生で楽しく“笑う門には福きたる”です。明るく振る舞っていれば周りも明るくなり自然と元気が湧いてきます。本来元気は他の人からもらうものではなく自分でつくるものと思います。業界の皆様おつき合いの皆さんに心より感謝し御礼申し上げます。今後共御指導の程宜しく御願いいたします。