寄稿

「愛媛バンザイ!」

第50回 リレー随筆
新名 貴則

 
 父は愛媛県新居浜市、母は愛媛県北条市(現:松山市)の生まれで、私自身も愛媛県松山市生まれ。血液の主成分はポンジュースなので、恐らく若干オレンジ色。幼いころから父の仕事の関係で大阪や名古屋にも住みましたが、常に心は愛媛県民。小学校5年生から高校卒業まで再び松山市で過ごしたことで、愛媛県民としてのアイデンティティーが完全に確立されました。
 現在では大阪在住期間の方が愛媛より長くなったものの、残念ながら大阪への思い入れはそれほどありません。高校野球ファンなので、先日の大阪桐蔭高校の優勝にはさぞ・・・と思いきや、これといった感慨はなし。だって、愛媛県勢が出ていない時点で、私の中でセンバツは8割方終わっていたんですから。私にとって甲子園の楽しみとは愛媛県勢80%、その他の四国勢10%、残りは単純に高校野球が好きだから。母校の甲子園出場は現時点では100%ありえないので(野球部なし)、松山商業のファンなのですが、ここ最近は全く出てきてくれません。
 とまあ、一方的に愛媛への想いを語ったところで、95%以上の方はついてこれないでしょうから、ひとまずストップしましょう。ところで、皆さんは愛媛県というと何を思い浮かべますか?恐らくは、
・ミカン、いよかん
・道後温泉
・松山城
といったところでしょうか。別子銅山やじゃこてんが出てくればましな方かもしれません。実際、全国的に見れば知名度は低いですし、これを読んで下さっている方の過半数は、一度も愛媛を訪れたことがないのでは。そこで、少しでも興味を持って頂くために愛媛ウンチクを並べてみました。

 まずは愛媛県が全国一のものです(直近の情報では変更あるかもしれません)。
・タイの養殖日本一
・真珠の養殖日本一
・タオルの生産日本一
・キウイフルーツの生産日本一
・夏の甲子園での都道府県別通算勝率が日本一
 (2位大阪府、3位神奈川県)
 意外なところで日本一になっているでしょう?なかなか頑張っているんですよ。ちなみに肝心のみかん生産は、ここ数年ライバルの和歌山県の後塵を拝しているようです。。。頑張れ愛媛!

 次は愛媛県出身の有名人です。
・秋山好古・真之(「坂の上の雲」で有名な軍人兄弟)
・児島惟謙(大津事件で司法の独立を守った「護法 の神様」)
・大江健三郎(ノーベル文学賞)
・正岡子規(「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」で有 名な俳人)
・伊達宗城(宇和島藩主で幕末の四賢侯の一人)
・中村修二(青色発光ダイオードを開発)
・秋川雅史(「千の風になって」が大ヒット)
・眞鍋かをり(タレント)
・友近(芸人)
・藤岡弘、(俳優、仮面ライダー1号)
・岩村明憲(プロ野球選手、元メジャーリーガー)
・松山英樹(ゴルファー)
 独断と偏見で抜粋していますので偏りはありますが、幅広いジャンルで有名人を輩出しています。しかし、愛媛出身者で今一番輝いているのはインテル・ミラノの長友佑都選手でしょう。彼は眞鍋かをりさんと同じ愛媛県西条市の出身です。
 さらに愛媛発祥の有名企業も確認してみましょう。
・大王製紙(エリエール)
・ユニ・チャーム(紙おむつ)
・日本食研(晩餐館焼肉のたれ)
・井関農機
 おお、最近世間を騒がせた企業も。愛媛出身者は穏やかで堅実な気質のはずなのですが・・・。また、愛媛の産業を語る上で忘れてはならないのは住友グループです。住友グループは、新居浜市にある別子銅山の開発により、巨大グループに成長しました。現在の住友化学も、1913年に新居浜市に肥料製造所を設置したところからスタートしました。

 どうでしょう、「へえ、愛媛ってそんなところだったんだ。」と少しでも思って頂けましたか?そう思ったが吉日、今年は愛媛旅行に行ってみませんか?
 大阪からは新幹線と特急「しおかぜ」で4時間ほど、自動車でも同じくらいで松山市に着きます。GWやお盆などを除いて高速道路の渋滞はほとんどありません。また飛行機なら、伊丹空港から松山空港までたったの50分ほどです。大阪港からフェリーに乗り、ゆっくり一晩かけて船旅を楽しむ手もあります。
 松山に着いたら、ベタですが道後温泉は欠かせないでしょう。昔懐かしの路面電車の「道後温泉駅」のすぐ横をスタートし、多くの土産物屋が並ぶ道後温泉商店街を散策すると、その終点に道後温泉本館があります。映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「油屋」のモデルと言われる、とても趣ある外観の建物です。中の浴場や休憩所もとても良い雰囲気です。最近ではドラマ「坂の上の雲」でも登場しました。
 周辺の温泉旅館には、どこも趣ある大浴場がありますので、こちらも楽しめます。お風呂から上がったら、天然もののマダイやシマアジといった瀬戸内の海の幸を楽しみつつ、道後地ビールなんか飲むともう日頃のストレスなど吹き飛びます。じゃこ天も最高にビールに合いますね〜。ビールのあとは愛媛が誇る清酒「梅錦」をぐいっと。いい具合に酔ったところで、締めはマダイをご飯と一緒に炊き込んだタイめし!個人的にはタコめしもおススメです。道後温泉周辺の旅館やホテルは、お互いの宿泊客に大浴場を解放しているところもありますので、いくつかの宿を回るのも楽しいです。
 おっと、私自身が道後出身なので、ついつい道後温泉の解説に熱中して字数オーバーしてしまいました。もちろん道後温泉以外にも、松山城やしまなみ街道、西日本最高峰の石鎚山、四国カルスト、内子町の町並み、面河渓など数多くの名所がありますのでご安心を。また、愛媛だけでなく、その途中で他県に立ち寄るのもいいですね。香川の讃岐うどん、徳島の徳島ラーメン、高知のカツオの塩タタキなんか最高ですね。
 もうそろそろ愛媛に興味が湧いてきたころでしょう?物は試し、ぜひぜひ行ってみて下さい!