HOME > 近畿会概要 > 事業の基本方針

事業の基本方針

~イノベーションにより公認会計士の未来を切り拓き、社会からの期待に応える~

基本方針

 監査・会計プロフェッションとしてイノベーションにより、監査及び会計に対する社会からの信頼を確立するとともに、新たな時代に必要とされる会計人材の育成と活躍支援を行い、公認会計士という職業の魅力を高め、これからの公認会計士業界の未来を切り拓く。

重点施策(第55事業年度)

  1. 監査の品質の維持向上を目指した監査業務の調査研究と情報発信
     (1)テクノロジーの進化が監査に与える影響を含め、これからの監査の在り方について調査研究を行い提言を行う。
     (2)監査上の主要な検討事項(早期適用事例の分析、原則適用への対応)及び不正事例の調査研究を行う。
     (3)監査実務の実態調査(監査期間・時間・運用等)を行う。
  2. 公認会計士の活動領域の拡大に対応する会員への支援を通じた地域への貢献
     (1)地方公共団体、非営利法人(特に社会福祉法人、医療法人)の会計・監査の発展・充実に向けての調査研究・活動を通じて、会員の業務遂行を支援するとともに地域社会への浸透を図る。
     (2)税務、コンサルティング、中小企業、海外関係業務等、会員の業務遂行を支援するとともに地域経済の活性化を図る。
  3. 多様な価値観を持つ優秀な人材が活躍できる魅力ある業界にするたのイノベーションの推進
     (1)ダイバーシティ&インクルージョンの推進
      監査法人、個人、組織内会計士、社外役員、女性、若手・中堅等、組織横断的に「働き方」並びに「働きがい」及び、「多様なキャリアパス」等の取組みを情報共有し、公認会計士業界全体に提言を行う。
     (2)近畿会の会務改革の推進
      会務運営、情報発信、厚生行事及び財政等近畿会の在り方について検討し、会務改革を進め、会員の協会活動への参画・利用の促進や会員相互間の活発な交流等の協会活動の活性化を図る。
  4. 新たな時代を切り拓く、魅力ある公認会計士の人材育成
     研修体系及び研修方法を見直し、監査・会計プロフェッションの人材育成のため、監査・会計スキルのみならず、それらに関わるコンサルティング能力を高めるための勉強会やセミナーを開催する。
  5. 公認会計士の認知度向上のための広報活動と優秀な人材の確保
     地域会として担うべき広報活動を効果的に行い、公認会計士に対する社会の認知度を高め、これからの優秀な人材を確保する。
  6. 協会本部との適切な連携
     協会本部の動向や最新情報の提供を通じて会員の業務遂行の支援を行うとともに、必要に応じて協会本部に対して近畿会の会員の意見や取組みを集約し提言等を行う。
ページの先頭へ